訪問介護現場の離職を防げ|訪問介護の労働環境と高年齢化とは?

訪問介護職は、高齢者や利用者が自宅で安心して生活できるよう支援する非常に重要な職業です。特にこれから2025年問題として在宅で高齢者は急増してきます。

そのため地域では訪問介護分野で働く人手を増やすことが求められています。

しかし、この分野で働く職員たちも、様々な理由から転職を考えることがあります。そのため訪問介護分野で働くスタッフを増やすどころか、年々減っているという現状を何とかしなければなりません。以下に、訪問介護職員が転職を選ぶ理由について考えてみました。

地域で問題になる過酷な労働環境と高年齢化

訪問介護分野で働く介護福祉士は年々減少しているのが現状です。

その理由として、訪問介護分野は体力的にも精神的にも負担が大きい職種です。長時間労働や適切な休息が取れない場合、職員の健康への懸念が高まり、転職を考えるということが考えられます。

 

また、訪問介護分野で働くためには、ある程度の知識や技術が求められます。

現場に一人で訪問することも少なくなく、現場で活躍するためには、介護現場である程度のキャリアを積むことが求められるといっても過言ではありません。特に若手が訪問現場に就職した場合、人手不足が原因で十分な研修を受けられず、未熟なままに現場に投入されるという懸念を抱きながら働いているということもあります。

こうした問題を解決するためにもこれから訪問現場で働くスタッフの確保は急務であるといっても過言ではありません。

 

そして何より訪問介護現場で働く介護福祉士は高年齢化しているという現状もあります。

実は訪問介護現場は家庭との両立を考えたり、自分の働きやすい時間帯を選んで働くなど、比較的フレキシブルな働き方を選ぶことができます。そのため介護士として朝から夕方まで毎日働くことはできないけれど、定期的に働くという方法が選択できる、介護現場で合っても数少ない職種の一つです。そのため介護士は介護現場を離れても、こうした形で働くことができるため、介護現場ではちょっとした時間帯に働くなどの方法を取っている方も多いのです。そしてそうした方の高年齢化が進んでいるという状況が考えれます。

 

訪問介護現場はこれからニーズがさらに増えてくる現場である一方、

訪問介護現場の人手不足から、年々スタッフにかかる負担が多いというのが現状になっています。もちろん給与面の改善であったり労働環境の改善が求められる職種として今注目されている現場ですので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

    関連記事

    1. 介護福祉士の転職先としてニーズが増えている旅行介助士とは?

    2. 医療従事者から介護福祉士への転職について考える

    3. 介護職の出戻り転職は可能か?面接時に気を付けておくことを紹介