柔道整復師の転職事情とおすすめの転職法

介護・医療業界において転職を希望している職業は多く、柔道整復師においても転職を希望する方が増えているのが現状です。柔道整復師の業界では現在7万人を超えており、現在様々が業界から柔道整復師の業界に転職してくるという状況も少なくありません。

しかし、安易に転職することは自分のキャリアにおいてマイナスになってしまうことも考えられ、次に動こうとしてもなかなか動き出せないという現状に悩んでいる方もおられると思います。

そんな中で受動整復師が転職を考えるのであれば、こうした方がいいということを今日はご紹介してみたいと思います。

 

柔道整復師が転職するならおすすめの転職方法をご紹介

まず結論からご紹介すると、柔道整復師が転職するのであれば、新しい技術や資格を取得してから転職をすることをおすすめします。

今の整体院が自分に合わないから転職をしようと考えているのであれば、次の職場においても同じようなことが考えられます。そのため新しい技術や知識、資格を取得してから、自分のキャリアを高めて転職するのがおすすめです。

 

他にも他業種への転職という方法もあります。柔道整復師は基本的に接客業であり、おそらくあなたの働いている職場でも接客技術は身に着けておられると思います。

その技術を生かしながら別の職業を選択するというのも一つの選択肢として置いておいてもいいかもしれませんね。

 

他にも妊娠や出産、家庭の事情や勤務先の廃業といった理由から転職を考えるという方も少なくないでしょう。こうした場合は自分のキャリアが傷つくことはありません。

そのため安心して次の職場を探してみてください。ただし、柔道整復師は基本的に技術職です。ブランクが空けばあくほど自分の感や技術も鈍ってしまいますので、転職は早めに行うことをおすすめします。

 

柔道整復師の業界もだんだん飽和状態になってきました。そのため独立する方も増えているのも現状です。おそらくあなたもこれから独立を考えておられるという方もおられると思います。様々な仕事をこなしていくことも柔道整復師の方には求められる技術ですので、これから転職を考えているのであれば、新しい知識や技術を身に着けて転職することをおすすめしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

    関連記事

    1. 介護業界で働くうえで覚えておきたい介護士と介護福祉士の違い

    2. 介護士を辞めたい、転職したいと思ったら…よくある理由と対処法2

    3. 介護士の転職に際して面接時に聞くべき項目 | デジタルかアナログか