ソーシャルワーカーに就職できる精神保健福祉士について考える

生活相談員(以下ソーシャルワーカー)という仕事は資格は存在しないということは以前記事に紹介させていただきました。しかし多くは社会福祉士や精神保健福祉士、介護支援専門員といった資格を有した方がソーシャルワーカーの仕事に就くことが多いです。その中における精神保健福祉士という資格をあなたは知っていますか?

今日は精神保健福祉士について解説したいと思います。

 

ソーシャルワーカーに就職できる精神保健福祉士とは?

 

精神保健福祉士は、精神的な障害を抱えている人の退院後の支援や社会復帰のサポートを行う職業であり、精神的な健康や疾患に関する専門的な知識とスキルを持っています。これに加えて、ソーシャルワーカーとしての広範なソーシャルワークスキルを持つことで、精神保健分野での総合的なサポートを提供できます。精神的な問題を抱える人々は年々増加傾向にあるといっても過言ではありません。こうした方々のニーズを理解し、適切なケアや支援を提供することができます。

 

精神保健福祉士は、クライアントの精神状態の評価や、治療計画の作成など、専門的な精神保健ケアに従事します。一方、ソーシャルワーカーは、クライエントの環境や社会的な要因を考慮し、社会的サポートやリソースの提供を行います。両者の役割の統合により、クライエントのニーズに対する包括的なアプローチが実現できるといっても過言ではありません。

 

こうした精神保健福祉士になるためには、福祉系大学で指定科目を履修したり、養成学校を卒業することで、年一回行われる国家試験に合格することが必要になります。

他にも相談援助業務実務経験を4年行うことや社会福祉士の資格を要していることが条件になります。

 

年間3,000人程度の精神保健福祉士を輩出しているという統計が出ていますが、年々精神疾患を有する患者様は増えているといわれています。そのため精神保健福祉士のニーズは年々高まっているといわれており、まだまだ供給が追い付いていないのが現状です。

 

これからの時代において精神保健福祉士のニーズは高いといっても過言ではありません。

だからこそ少しでも精神保健福祉士の排出が促進されるための政策が必要になりますので、ぜひチェックしていきたいですね。

    関連記事

    1. 男性介護士が働きやすい職場環境を作るために必要なこととは?

    2. 介護福祉士がチームをまとめるべき理由|介護方針の決定はどうする?

    3. 介護職員初任者研修とは?取得するメリットと取得方法を解説