50歳代から介護職への転職は本当に可能なのか?その理由とは?

介護職への転職は近年増加傾向にあります。特に最近は50歳でも介護職に転職を考えているという方も増えている様子。

でも50歳から転職活動をしても求めてもらえるか心配だという方もいるのではないでしょうか?

確かに体力面においては、20代や30代のスタッフには劣るかもしれません。

しかしながら介護現場における問題点の解決方法を50歳代のあなたに求めるという意見もあるというのをご存じですか?

50歳代のあなたが介護士に転職するメリットについて今日は考えてみたいと思います。

50歳代で介護職へ転職するあなたに求められることとは?

50歳代から介護職へ転職って本当に可能なのか?

という疑問をもっているのではないでしょうか?

実際、私は可能だと思います。むしろあなたにこそ求められる技能があると考えます。

介護職の離職理由の一つとして挙げられるのは「人間関係の悪化」です。

介護スタッフ同士のコミュニケーションがうまくいかず、人間関係が悪化しスタッフ同士が険悪なムードになっているということはよく現場で耳にします。

その結果、「この職場じゃ働けない、〇〇さんとは一緒に働けない」という悩みから退職を考えるという事例も少なくありません。

こうした悩みは介護業界だけでなく、他の企業や社会においてよく耳にする事例です。

なにも介護業界に限った話ではありません。

こうした悩みや解決策は、介護業界だけで働いてきただけではなかなか解決しなかったりします。

そんな時に50歳代のあなたの経験が求められるのです。

様々な職場を経験し、多くの後輩指導を行ってきたあなたに求められるのは「人間関係の改善、コミュニケーションスキルの教育」なのです。

介護現場は若手も多く、コミュニケーションスキルが必須の職種です。

そのため、現場の関係性改善をいかに行っていくか、そこにあなたの真価が求められるといっても過言ではありません。

もしあなたが「50歳代だけど介護職に転職を考えている」のであれば、

ぜひ自分がどれだけ前職で後輩指導を行ってきたのか、人間関係の解決方法を模索してきたのか、どのようにコミュニケーションスキルを高めてきたのかを面接時にアピールするといいのではないでしょうか?

高年齢者雇用安定法が改正され、希望者は65歳まで継続して働けるようになりました。

50歳代から介護職に転職しても、これから10年~15年は働けるのです。

まだまだあなたの活躍の場は残っていますよ。

    関連記事

    1. サービス管理責任者の現任研修と補足研修とは

    2. 鍼灸師として患者様とラポールを形成するために重要なこととは?

    3. 介護士へ転職を考えるなら求職者支援制度を利用しよう | 40代からの転職