生活相談員がアンガーマネジメントで覚えておくべき6秒ルールとは?

生活相談員として働いていて、理不尽な要求をされて自分の感情が高ぶるということはありませんか?いくらアンガーマネジメントを学んだからと言って、私達も人間ですから無茶な要求には答えられませんし、感情を抑えるのにも限界があります。

そんな時にあなたはどのように対処していますか?イライラしているときにあなたがすべき行動とはいったい何か。どのようにすれば感情を表に出さずに対処できるのかを今日は考えてみたいと思います。

 

アンガーマネジメントで対処できない場合は6秒ルールを意識しよう

怒りやイライラが湧いた状況で冷静さを保つために用いられるアンガーマネジメントのテクニックの一つに6秒ルールがあります。このルールでは、怒りの感情が湧いた瞬間から6秒間、反応を保留し、冷静な判断を下すことを促します。

 

生活相談員は無理な要求を求められることや、様々なストレスにさらされることがよくあります。そのため6秒ルールは怒りの感情がピークに達している状態では冷静な判断が難しいため、6秒間は対処を保留しようという方法です。急な感情の湧き上がりに対して即座に反応するのではなく、一時的に立ち止まり、6秒間の猶予期間を設けることで、冷静な状態に戻ることができます。

 

方法としては

 

  • 怒りやイライラを感じた瞬間に自分自身を止める。
  • 深呼吸を行い、6秒間の間にゆっくりと息を吐き出す。
  • この間に怒りの感情を収束させるために、ポジティブな言葉やイメージを思い浮かべる。
  • 6秒経った後、冷静な状態で適切な反応や判断を行う。

 

こうしたルールに則ることで感情的な反応を抑え、より建設的な対応をするための時間と余裕を得ることができます。また、6秒ルールは練習を通じて習慣化されることで、自己コントロールや怒りの管理能力を向上させる助けとなります。

 

ただし、6秒ルールはあくまで一つの手法であり、個人によって効果の度合いは異なる場合があります。重要なのは、自分自身に合ったアンガーマネジメントの方法を見つけ、怒りやイライラを健康的に管理することです。

自分なりの感情を落ち着かせる方法は人それぞれのやり方がありますので、ぜひ自分なりのストレス解消法を身に着けて、自分の感情コントロールに努めてみてくださいね。

    関連記事

    1. サービス管理責任者の役割 | サービス担当者会議 2

    2. 介護福祉士の身体の負担を減らしながら移乗を促すために必要なこととは?

    3. サービス管理責任者の児童期における発達支援