介護職は給与交渉が可能なのか?転職前に考えたい大切なこととは?

自分の仕事に見合った給与をもらえているか?

という疑問は誰でも持つ悩みかもしれません。給与面の不満や待遇について不満を抱え、転職を考えられているからこそこの記事を読んでくださっているのではないでしょうか?

もしそうなのであれば、少し立ち止まって考えてみてほしいことがあります。

それは、「給料交渉をしたのか?」ということです。

給料交渉は一般的な社会においては比較的よくなされており、労働者の権利なのですが、日本人は海外に比べて給与交渉をする人が少ないようです。

そこで、介護職として働くあなたに今日は考えてほしい給与交渉のタイミングや、方法について解説してみたいと思います。

転職する前に考えてほしい給与交渉について大事なこと

まず最初に、給与交渉をするにあたり考えておくべきは、「自分の仕事内容がどれだけ会社に貢献できているか」です。

例えばまだリーダーも経験していなかったり、資格もあまり持っていなかったりしている状態で給与交渉をしたところで、門前払いを食らってしまうのは目に見えています。

しかし、これを読んでくださっているあなたはキャリアアップに努め、少しでもご利用者様のためにできることはないかと日々模索されておられるのではないかと思います。

そして資格を取得したり、後輩指導をしたりと会社に貢献しているのであれば、それは給与交渉の余地はあるのではないでしょうか?

実際に私の母親も転職前の面談で給与交渉をしており、給与が上がるからもう少し同じ職場で勤めてみるという話を過去にしていました。

会社としても有益な人材は少しでも長く勤めてほしいと思うはずですからね。

ですので、もしあなたが転職を考えているなら、ぜひ一度給与交渉をしてみてください。

給与交渉をするタイミングとは?

では、給与交渉をするタイミングはいつなのかということですが、あなたの職場では年に一回面談はありますか?そのタイミングがあるなら、面談のタイミングでしてみてもいいかもしれませんが、基本的にはあまりない職場が多いはずです。

その場合は、転職前、もしくは給与交渉を切り出されたとき、それは入職前の給与相談の場合に試してみるのが一番いいかもしれません。

その際は自分の希望額を伝えるだけではなく、この会社にどれだけ貢献できるのか、

自分のキャリアと実績と、その結果をぜひ相談内容に乗せてみてはいかがでしょうか?

    関連記事

    1. ケアマネジャーはパート勤務でも働くことは可能?

    2. 転職活動をするうえで考えておきたいあなたのモチベーションとは?

    3. 経験の浅い介護士が転職で失敗しないためには複合施設がおすすめの理由