介護士が転職する際に転職情報サイトに載せるべき情報とは?

最近の転職情報サイトはおすすめの職場や、あなたに合った転職先を紹介してくれるというサイトも増えています。特に最近はテレビを見ていても、転職情報サイトの紹介CMなどが流れることも増えていますので、皆さんもその存在はご存じだと思います。

自分に合った職場や役職、仕事を紹介してもらうためには自分のプロフィール欄を充実させ、紹介しやすい人材だと思わせる必要があります。そのためにあなたがしておくべきこと、書いておくべき情報とはいったい何でしょうか?

 

今日は転職情報サイトに記載しておくべき情報やその書き方について解説したいと思います。

 

転職情報サイトに載せておくべきプロフィール情報とは?

転職情報サイトには自分の氏名や生年月日、最終学歴など基本情報を掲載することはもちろん必要です。しかし、もっと重要なことがあります。

それは自己PR欄を充実させることです。

履歴書についても同様のことが言えますが、企業側は基本的に面接に至るまでに書類上であなたのことをまず審査にかけます。その段階であなたのやる気やどのような人材なのかを見極める必要があります。

その第一段階として書類審査というものがあるため、自己PR欄を充実させることに力を入れるべきだと私は提言します。

 

自己PR欄に記載すべき情報としては、語学力やスキル、資格はもちろんのこと、自分の強みや志望動機、今後のキャリアプランなどを記載しましょう。自分自身をアピールすることで、企業からのアプローチを増やすことができます。

また、今の職場から新しい職場に転職するにあたって、よりポジティブな内容を記載しておくことをおすすめします。

よく、ライフスタイルの変化に伴う転職などを記載されることがあると思いますが、基本的に企業側としては、そのような書き方はテンプレートとして見慣れているといっても過言ではありません。ぜひ自分がどのような働き方をしたいのか、どのようなキャリアアップを考えているのかを積極的にアピールしてみてはいかがでしょうか?

 

転職情報サイトの在り方も昔と現代で大きく変わってきました。

マッチングアプリなども浸透してきている現代において転職情報サイトの書き方は、とても重要な要素かもしれませんね。

ぜひ一度、書き方について調べてみてはいかがでしょうか?

 

    関連記事

    1. 介護タクシーで重要なのは介護技術と接客技術である理由とは?

    2. 介護士の転職 | 履歴書と職務経歴書の違いとは

    3. 教師から他業種への転職|新たな可能性への一歩を踏み出すために