介護士の転職 | 介護老人保健施設と特別養護老人ホームの違いとは?

介護士の転職先に選ばれる施設として、介護老人保健施設という職場があります。

これは特別養護老人ホームと混同されがちではありますが、実は内容が異なるということを知っていましたか?

これは介護業界、医療業界に属していないと意外と違いが分かりにくいところかもしれません。そして介護士の方にはその違いはあまりないと思われがちですが、実際の業務内容にも少し違いがあるのです。

今日は介護老人保健施設について考えてみたいと思います。

介護士の転職 | 介護老人保健施設と特別養護老人ホームの違いとは?

介護老人保健施設は「退院してから入所するところ」というイメージが強いかもしれませんが、実際、特別養護老人ホームとは考え方が異なるのです。

まず、介護老人保健施設と特別養護老人ホームの共通点は、「介護を受けながら生活するところ」なのですが、介護老人保健施設は「リハビリをして在宅復帰を目指す施設」になります。そのため入所期間が決まっており、原則3か月という期限付きになります。

その代わり医療的ケアとリハビリを徹底的に受けることができ、病院でのリハビリと遜色ないリハビリを受けることが可能です。

介護業務に携わるあなたには関係ない、と思われがちかもしれませんが、

実はあなたもリハビリスタッフの一員としてかかわっていく形になります。

そのため医師や看護師、理学療法士や作業療法士と協力して、患者様の動作練習や歩行練習の一端を担う必要があるので、そういう意味では特別養護老人ホームとの業務内容とは異なるかもしれませんね。

介護士の転職 | 介護老人保健施設の業務内容とは?

さて、介護老人保健施設の業務内容についてですが、基本的に特別養護老人ホームの業務内容と酷似しており、主な業務は身体介護が主な業務です。特別養護老人ホームの業務内容との違いと聞かれると、前述したように医療的ケアを受ける施設ですので、リハビリの一端をあなたが担うということでしょうか。

ご利用者様の自室からリハビリ室への送迎や、リハビリ室での集団体操、

トイレの練習のために居室トイレではなく、共用トイレを利用するなどの日常生活の中でリハビリをしていくことになります。

そして特別養護老人ホームの業務内容と同じように夜勤業務もあります。

いかがでしたか?介護老人保健施設と特別養護老人ホームの違いは一見同じように思いますが、目的が異なりますので、明確にしてから求人を探してみてもいいかもしれませんね。

    関連記事

    1. 転職に有利?福祉用具相談員の資格取得方法とは?

    2. ケアマネジャーには定年がない?その理由について考えてみた

    3. 介護業界に転職するうえで覚えておきたいマナーや身だしなみについて