看護師が転職するうえでおすすめの資格をご紹介します

看護師はなりたい職業の上位に入る仕事として知られており、これから高齢社会に突入する日本において欠かせない職業です。しかしながら過酷な労働環境であることも知られており、少しでも働きやすい環境を探しているという方も少なくありません。

看護師は病院である程度のキャリアを積み、様々な資格を取得することで、独り立ちすることが望まれます。特に訪問分野においては一人で回るということも少なくなく、なかなか周りに相談することができないという状況もあります。

そのためこれから看護師として転職を考えているあなたに必要な資格などをご紹介したいと思います。

 

看護師のキャリアプラン|得ておきたい資格をご紹介します

あなたは自分が将来どのような看護師になりたいか、というキャリアプランを持っていますか?

毎日の業務であたふたしているということもあると思いますが、日々の業務に忙殺されてしまい、将来のことを見据えずに今の状況に甘んじることなく、ぜひこれからの看護師としてのキャリアプランを考えていくことをおすすめします。

 

その理由としては、看護師として働ける場所は年々増加しているのは事実ですが、その分、求められるスキルや能力は増えているのです。

 

特に訪問現場においては、自分一人で訪問先の患者様のところに向かうことはもちろん、書類業務や管理業務、後輩の指導など様々なことを求められることがあります。

 

もちろん夜勤業務などはありません(緊急コールを持つ場合は別)が、こうした場合に備えて新しい職場を探しているのであれば、ぜひ今から様々な資格を取得しておくことをおすすめします。

 

まずは専門看護師の資格です。専門看護師は幅広い範囲で活躍できる看護師の資格です。

5年以上の実務経験とともに、看護系大学院で修士課程を取得する必要があります。

 

次に認定看護師です。認定看護師は5年以上の実務経験と認定看護師教育機関での教育課程を修了する必要があります。看護系大学院に行かず専門学校を卒業している方でも取れる資格として知られています。

 

他にも臨床心理士や保健師、助産師や福祉住環境コーディネーターといった臨床で役立つ資格も数多くあります。こうした資格を取得することは転職先でも有利に働くことが多いため、これから転職を考えている方はぜひチェックしておくことをおすすめします。

    関連記事

    1. 転職活動をするうえで考えておきたいあなたのモチベーションとは?

    2. 教師から他業種への転職|新たな可能性への一歩を踏み出すために

    3. 転職前に考えたい介護分野で身体を痛めやすい部位と対処法について