ケアマネジャーの資格取得に向けた効率的な勉強方法とは?

介護福祉士からケアマネジャーへのスキルアップを考えておられる方もおられるのではないでしょうか?ケアマネジャーになれれば、転職先や働く環境の選択肢が格段に広がり、あなたの給与面やライフスタイルに合わせた働き方の選択肢も広がることが予想できます。

しかしながら、現役で現場に出ながら勉強をするというのはとても時間的にも体力的にも難しいと感じることも少なくありません。

特に社会人になってから、時間はあって無いようなものです。より効率的に勉強時間を確保し、資格取得を目指したいと考えるのは皆さん同じではないでしょうか?

 

では資格取得に向けたより効率的な勉強方法とはどのような方法があるのか

今日はご紹介してみたいと思います。

 

ケアマネジャーの資格取得に向けて効率的な勉強方法とは?

まず、ケアマネジャーの資格取得に向けてあなたがすべきことは参考書を買うことでも、過去問を買うことでもありません。

あなた自身が勉強を一日30分でも取り組むという習慣をつけることから始める必要があります。

あなたがケアマネジャーの資格取得に向けてやりたいという気持ちを前面に出し、勉強する癖をつけることが大事です。勉強は日々の積み重ねであり、具体的な目標を立て、行動することが重要だと私は考えます。そうすることでモチベーションを高めることになります。

 

次に行いたいのは日々のスケジューリングを立てることです。

仕事が終わってからそのまま勉強に取り組めれば一番いいのですが、友達付き合いや職場の人間付き合いなど様々なことがあると思います。

そのためどこで時間を作ればいいか迷うこともあると思いますが、私のおすすめは朝いつもより1時間早く起きて勉強する時間を作ることから始めるのがおすすめです。朝の時間は誰にも邪魔されませんからね。

 

最後に自分に合った勉強方法を見つけましょう。

過去問を徹底的に解き続けることでもいいですし、暗記形式で覚えるのもいいかもしれません。勉強方法はヒトによって異なります。

あなた自身に会った勉強方法を見つけることで、より効率的に学習することができるはずです。

 

いかがでしたでしょうか?

あなたがこれからケアマネジャーの勉強を働きながらしようと考えているのであれば

ぜひ勉強するという習慣作りが重要です。

こうした習慣はケアマネジャー資格取得後も様々なところで有利に働きますので決して無駄にはなりません。ぜひ試してみてくださいね。

 

 

    関連記事

    1. 介護士の転職理由とは? | うつ病を予防するために

    2. 転職までに学びたいコミュニケーション技術|意図を読み取る力とは?

    3. 介護職の働き方 | 「扶養内で働く」とは実際どんな感じ?