看護師がサービス管理責任者に転職するメリットとは?

看護師の転職でキャリアアップを目指している方も少なくないと思います。キャリアアップを目指すうえで、あなたは今後どのような進路を考えていますか?

看護師も実務経験を経てくると、リーダーシップを取りながら組織をまとめていくことが求められています。そのような技術を高めていくためにも、ぜひサービス管理責任者への道を目指してみてはいかがでしょうか?これからサービス管理責任者になるために必要なことについて今日は記事にしてみましたのでご一読ください。

 

看護師がサービス管理責任者に転職する上で重要なこととは?

サービス管理責任者とは、障害福祉サービスを提供するために全体を管理する役割を担っているスタッフのことです。利用者情報を管理し、個別支援計画書を作成管理することが求められています。

 

これには国家資格取得後3年以上の業務経験と共に、相談支援業務または直接支援業務に3年以上従事していることが求められています。

臨床経験を通じて、患者ケア、医療プロトコル、医療チームの協力など、看護の核心を理解することが求められる職種の一つです。そして何より医療施設内での方針や手順の策定、スタッフの指導、品質管理の確保など、広範な業務を担当します。このため、経営学や医療管理の知識が重要になる仕事でもあります。そして何より看護スタッフや他の医療プロフェッショナルを指導し、組織内で変化を促進することがサービス管理責任者には求められています。リーダーシップスキルを発展させるために、コミュニケーション、チームビルディング、問題解決能力などのトレーニングを受ける必要があります。

 

このようにかなり責任は重大になり重圧に押しつぶされそうになることもあるかもしれません。

しかしながらこうしたキャリアを経ることは過負荷な面だけではありません。

社会的責任が重くなればなるほど、それに見合う給与面も上がると言っても過言ではありません。

介護求人ナビのサイトでサービス管理責任者の給与が発表されていました。

福祉・介護職員処遇改善加算を算定していない事業所も含めた常勤のサービス管理責任者の平均給与額は月給で388,680円、年収に換算すると4,664,160円だそうです。つまりサービス管理責任者の年収は日本の平均より高いといえるのではないでしょうか。

 

サービス管理責任者という重圧に負けずに、こうしたキャリアアップを目指して見てはいかがでしょうか?

    関連記事

    1. 介護士の副業や兼業で問題になっている事例についてご紹介します

    2. ケアマネジャーが転職の際に書く志望動機の注意点とは?

    3. 介護士が転職で失敗しないために面接で聞きたいチェックポイント