精神保健福祉士に転職するための方法と働く場所を解説します

精神保健福祉士は医療業界の中で、近年ニーズの高まっている職種なのをご存じですか?

仕事や育児、家族の介護など様々な行事で毎日を忙しく生きている人は多いと思います。そのため心の病を抱える方も年々増えており、こうした方々のケアは昔に比べて重要視されるようになってきました。

こうした患者様はメンタルクリニックだけではなく、近年企業も求人を募集するほど働く場所が増加しています。こうした働く場所が年々増えている精神保健福祉士はどのように資格を取得することができるのか、そしてどのような働く場所があるのかを今日はご紹介したいと思います。

 

医療従事者が精神保健福祉士になるためには?

結論から申し上げますと、精神保健福祉士の資格は国家資格になります。そのため厚生労働省の国家試験に合格する必要があるため、医療従事者だからと言ってすぐに資格を取得することができるとは言えません。

4年制大学もしくは3年制大学を卒業し、実務経験を経て受験資格を取得することができます。

ただし、看護師や理学療法士など医療系大学や専門学校を卒業している場合、履修科目が免除される場合があります。

 

精神保健福祉士になった場合の就職先とは?

 

精神保健福祉士になれた場合、主な勤務先としては精神科病院や総合病院の精神科、心療内科など医療業界が主な勤務先になるかもしれません。

しかしながら近年行政機関や企業での求人も年々増加しています。

 

現在日本の社会問題の一つとしても知られている精神疾患が増加している影響から、企業もこうした精神疾患を有する職員をいかにサポートしていくかということに力を入れ始めています。

 

昔は「やる気がない」と思われてきた職員も、こうした精神疾患を解決に導くことで職員の確保に力を入れていると言っても過言ではないのではないでしょうか。

 

年々精神保健福祉士のニーズは増加しています。そのためこれから先も勤務先は増えてくると言っても過言ではないでしょう。

こうした現代社会人の心の病をいかにサポートしていくか、そこに目を向けた企業も増えてくると思われます。今は少数派であっても10年後ニーズはさらに増加するのではないでしょうか?これからの動向に注目していきたいですね。

    関連記事

    1. ケアマネジャーが転職先に選びやすい職種とは?

    2. 介護士やケアマネの取得をした育児中の親の体験談

    3. ケアマネジャーへの転職が注目されている理由とは?