教師から他業種への転職|新たな可能性への一歩を踏み出すために

教育現場は現在社会現象にもなるほど教員不足が深刻化しています。

教師といえば、なりたい職業ランキングの上位として知られていますが、教師になったとしても、その労働環境の過酷さから、転職を考えるという教師が後を絶ちません。

そのため地方の小中学校では教員不足が深刻化しており、政治の中でも教員獲得の打開策について話し合われています。

 

しかしながら労働環境についてはどこに行っても同じだという声が聞かれるため

教師として働きたいけど体力面等の影響から他業種への転職を考えるという方も増えているのも事実です。

 

では他業種への転職となるとどのような職業が考えられるのかを今日は解説してみたいと思います。

 

教師から他業種への転職のメリットとデメリットについて考えてみる

教師という職業は、学生時代からも「頭がいい人が鳴る職業」というイメージがあるように、基本的に偏差値が高い方が、教師として働いているという現状があります。

あるデータによると教師の偏差値は60以上とかなり高いデータがあるようです。

 

教師になるためには、人をまとめる力やプレゼン能力、難しいことをかみ砕いて説明する能力など様々な能力が求められます。

そのため、他業種に転職したとしても、比較的やっていけるポテンシャルを秘めていると言っても過言ではないでしょう。

 

社会で働く上で後輩指導など、様々な場面で人をまとめなければいけない場面は訪れます。それは年々、歳を重ねるごとにこうした機会は増えてきます。

そんな時に教師としての経験は他業種においても役立つと言っても過言ではありません。

 

しかしながら、教師から他業種に転職する上で、避けては通れないハードルがあります。

それは、年収の差というものです。

教師という仕事は基本的に他業種と比べて給与は高いと言っても過言ではありません。

そのため今と同じ水準での給与を得ようと思うと、なかなか難しいものがあると言えます。

そのあたりの問題をクリアできれば、教師という職業は、他業種に転職したとしても比較的活躍できるのではないでしょうか。

 

教師という仕事はかなり過酷な労働環境で活躍されている方がほとんどです。

自分の身体が資本であるからこそ、無理だと思ったら転職を検討するのも一つの選択肢ではないでしょうか。

    関連記事

    1. ケアマネジャーを辞めたい|転職を考えているあなたへ

    2. 介護士の転職理由とは? | うつ病を予防するために

    3. 介護士への転職|特別養護老人ホームはどんな仕事があるのか?