面接時に聞かれる逆質問に対する意図とおすすめの回答内容とは

転職活動をするうえで、避けては通れないのが面接です。

介護職は人と人の関わりを重視し、その人の人柄を見極めなければ、ご利用者様とのトラブルにもなりかねません。そのためやる気があるのか、少しでも長続きして仕事をしてもらえるのかをきちんと見極めるために、面接では様々な質問をされます。

そして面接の最後には必ず「何か聞きたいことはありませんか?」と聞かれることがあります。

あなたはこの質問に対して何と答えていますか?

実はこの質問はあなたのことをアピールする最大のチャンスなのです。

そこで今日はこの逆質問の意図と、その時に答えておきたい内容について解説してみたいと思います。

介護士はやる気が命!転職時に聞かれる逆質問の意図とは?

介護士として転職を考えるうえで、転職活動の際に避けては通れない面接では、必ずあなたに「何か質問はありますか?」という逆質問があります。実はこれはあなたのやる気や、働く意思の確認としてとても重要な質問内容だということを今日は知ってもらいたいと思います。

なぜなら、逆質問とは、あなたがこの会社にどれだけ興味を持っているのか?どんなことに対して不安感を持っているのかなど、あなたの積極性を見るための質問でもあると推測します。

介護は突き詰めて考えればサービス業です。利用者が少しでも安楽に過ごせることや喜んでもらえるということに対して、どれだけ自分から積極的に関わっていけるかどうかが求められます。

そのため面接時には逆質問を設け、自分から積極的に関わろうとしているのか、興味を持ってくれるのかといった主体性をみるための質問として設けていると考えられます。

これは介護現場だけでなく一般社会における面接でも同じことがいえるのではないでしょうか。

ですので、逆質問が来た場合は積極的に自分の思いや質問をしてみてほしいと思います。

面接時に答えておきたい逆質問の回答例3選

では、実際のところ、逆質問に対してどのような質問を返せばいいのでしょうか?

今日は私が考える逆質問に対する返答内容を3つほどご紹介したいと思います。

・ご利用者様とのレクリエーションや行事ごと

・仕事に必要となるスキルや今後のスキルアップ制度

・職場の雰囲気や交流の機会

このように職場の雰囲気や活動について積極的に質問を投げかけることによって、自分がこの職場に興味があるということをアピールしていくことが面接クリアの秘訣だと私は考えますので是非参考にしてみてくださいね。

    関連記事

    1. ソーシャルワーカーの人手不足|人々の支えに必要な専門家の減少

    2. 認知症患者様に対する非言語コミュニケーションについて

    3. 介護士でコミュニケーションが苦手なら在宅介護サービスがおすすめの理由