ケアマネジャーに転職前に受講したい介護事務講座とは?

ケアマネジャーの仕事は介護保険請求や球菌などの単位計算が必要になり、書類業務が多忙を極めます。こうした書類業務を経験したことがない状態で、いざケアマネの書類業務を一人でこなせと言われても難しいと感じる方もおられるのではないでしょうか。

そこであなたにおすすめしたいのは、介護事務講座の受講です。

ケアマネジャーになったのになぜ介護事務を学ばなければいけないのか?と思われるかもしれませんが、実は介護事務とケアマネジャーの仕事には密接な関係があります。

今日はその理由について解説してみたいと思います。

 

ケアマネジャーが転職前に学んでおきたい介護事務講座とは?

 

ケアマネジャーが介護事務講座を学ぶ理由はあるのか?そもそもなぜケアマネジャーになったのに介護事務を学ぶ必要があるのか?という疑問があると思います。

 

実は介護事務講座では、利用者が負担する金額や国に請求する金額を計算し介護給費明細書の作成方法を学びます。これはケアマネジャーが普段しているレセプトと同じであり、請求業務をわかりやすく解説してくれる講座なのです。

 

他にも介護保険法や高齢者福祉法など、介護に関わる法律や制度について学ぶことができます。具体的な法律の内容や運用方法、介護サービスの提供条件などについて理解を深めることができ、日々のケアマネジャー業務に役立てることができるのです。

 

そして何より近年電子記録システムの導入が進んでいることからも、こうしたデジタルデバイスの使い方も学ぶことができます。介護事務講座では、電子記録システムの使い方やデータ管理の方法について学び、デジタル化された情報の活用方法やセキュリティの確保などについても学ぶことができます。

 

介護事務講座はケアマネジャーの業務とは関係がないように見えて、実はとても関係深い講座であることは読んでいただいてわかることと思います。

 

ケアマネジャーを目指そうとしている方は、実は事務作業が苦手だからケアマネジャーになるのをやめようと思っている方も少なくありません。そのため介護事務講座を通じて事務作業の理解を深め、少しでも苦手意識を取り除けるようになれればと思いますので、ぜひ一度受講してみてくださいね。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

    関連記事

    1. 作業療法士が転職するうえで取得しておくべき資格とは?

    2. 介護職員初任者研修とは?取得するメリットと取得方法を解説

    3. 准看護師として転職を考えているならこれをチェックしよう