ケアマネジャーが身に着けておくべきメンタルケアを紹介します

ケアマネジャーは日々、高齢者や障害者などのケアプランの作成やサービスの調整、ケアのアドバイスなど、多岐にわたる業務に携わっています。そのため、プレッシャーやストレスなどからメンタルヘルスが損なわれることが少なくありません。そこで、ケアマネジャー自身が身に着けることができるメンタルケア技術について紹介します。

 

ケアマネジャーが身に着けておきたい4つのメンタルケアとは?

ケアマネジャーは様々なストレスにさらされることから、どうしても普段の業務に支障をきたすということが少なくありません。そこで覚えておきたいメンタルケア法を今日はご紹介します。

 

  • リラックス法

日々の仕事のストレスから解放されるために、リラックス法を取り入れることが有効です。呼吸法やプログレッシブ・マッスル・リラクゼーション法といったリラクセーション法や、岩盤浴やサウナなど、異なる環境でのリラックス法を実践することでストレスの発散方法を身に着けることが大切です。

 

  • 自己肯定感を高める

自分に自信を持ち、自己肯定感を高めることはメンタルケアにつながります。自分の良いところを挙げてみたり、毎日の業務の中で成果を振り返ることで、自己肯定感を高めることができます。あなたが今務めておられるケアマネという仕事は、利用者様に感謝されることは少ないかもしれません。しかしながらあなたがいなければ利用者様は安全に生活することは難しいかもしれません。あなた自身の仕事に誇りと自信を持ってください。

 

  • コミュニケーションスキルの向上

ケアマネジャーは利用者や家族、介護スタッフなど多くの人と接することがあります。コミュニケーションスキルを向上させることで、より円滑なコミュニケーションを取ることができ、ストレスを減らすことができます。

 

  • セルフコントロール

仕事において、感情的になってしまうことがあるかもしれません。そんなときは、セルフコントロールをすることが重要です。感情を抑え、客観的に物事を判断することで、冷静な対応ができ、メンタルヘルスを保つことができます。

 

ケアマネジャーの仕事は多忙であると同時に、利用者様のストレスを直接受けてしまうことも少なくありません。そのためストレスをいかに解消し明日に引きずらないようにするかが重要になりますので、ぜひ自分なりのストレス解消法を探してみてくださいね。

    関連記事

    1. ケアマネジャーが福祉用具に悩んだ場合に相談する先はあるか?

    2. ケアマネジャーが業務外のことを依頼された場合の対処法とは?

    3. ストレスを抱えるケアマネジャーに陥りやすいケアマネロスとは?