ケアマネジャーがうつ病にならないために身に着けておくべきこととは?

ケアマネジャーは、高齢者や障碍者の方々が安心して生活できるよう支援を行う仕事です。そのため、連絡しても繋がらない等の理由から、訪問先などで利用者様の死に直面することも少なくありません。

そのような経験をすると、精神的に大きなストレスを感じることがあり、うつ病になりやすいと言われています。あなたも経験はありませんか?

こうした経験は介護士も同様に経験することでもあり、慣れろといっても慣れるものではありません。こうした場合に備えて事前に対処法を理解しておく必要があります。

今日は、ケアマネジャーがうつ病になった場合の対処法について考えていきます。

 

ケアマネジャーのうつ病予防に覚えておくべきこととは?

医療現場や介護現場で働くケアマネジャーにとって、死に直面することは珍しいことではありません。こうした経験をすると、少なからず心にストレスを抱えて生活しなければいけません。

しかしながらストレスは放置しておくと自分の身体を蝕み、うつ病の原因になるといっても過言ではありません。そのためストレスの解消方法を自分なりに確立させる必要があります。

 

まず、ストレスを感じたときは、上司や同僚と話し合うことが大切です。ケアマネジャーの仕事は一人で行うことが多く、孤独感を感じることがありますが、周囲の人と話をすることで、自分の気持ちを整理することができます。また、同僚や上司からアドバイスをもらうことで、新たな解決策が見つかることもあります。

 

次に、趣味やスポーツなどのリフレッシュ方法を考えてみましょう。仕事で感じたストレスを発散するために、自分が好きなことをすることで気分をリフレッシュすることができます。

趣味を持っていない場合は、新しいことに挑戦することもおすすめです。

例えば、読書や料理、手芸など、簡単なところから自分に合った趣味を見つけてみることも大切です。

 

また、ストレスを感じているときは、運動をすることも有効です。

有酸素運動をすることで、脳内物質のセロトニンが分泌され、ストレス解消につながります。運動は、ジョギングやウォーキングなどの軽い運動から、筋トレやヨガなどの激しい運動まで、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。

こうした対処法を試してみたけれど、なかなかうまくいかないという場合はメンタルクリニック等でカウンセラーに相談するのも一つの手です。海外ではごく普通に行われていることなので、ぜひ試してみてくださいね。

    関連記事

    1. ケアマネジャーがやってはいけないことについて解説します

    2. ケアマネジャーの転職で事業所長になるために必要な能力とは?

    3. ケアマネジャーとして転職するなら難病マネジメントは学んでおこう