ケアマネジャーが身に着けておくべきコミュニケーション技術とは?

ケアマネジャーは利用様のニーズをいかに聞き出し、そのニーズに即したケアプランを提供するかがとても重要な仕事であるといっても過言ではありません。

そのためケアマネジャーにはコミュニケーション技術やマネジメント能力など、今まで介護士として働いていた時よりもさらに高度な能力が求められるといえるでしょう。ではご利用者様のニーズを聞き出すために必要な話術とはどのようなことでしょうか。

 

今日は相手の懐に入り込むために必要なコミュニケーション技術について考えてみたいと思います。

 

利用者様のニーズを引き出すために必要なコミュニケーション技術とは?

 

利用者様のニーズを引き出すためには、利用者様に信頼され、この人なら話しやすいなと思ってもらえる必要があります。

そのため、第一印象も大切ですし、会話のファーストタッチもとても重要ではないでしょうか?そのためにあなたはどのような工夫をしていますか?

 

利用者様は毎日様々な刺激を求めています。そのため毎日の時事ネタは欠かさずチェックしているといっても過言ではありません。

例えば新聞記事を題材に話題を切り出すというのも一つの手法だと私は考えます。こうした会話のきっかけを作るためには、相手の興味や関心を引くことが大切です。まずは、相手の趣味や関心事を聞いてみて、共通点があるかどうかを探ってみるのが良いでしょう。

 

また、相手が話しやすい雰囲気を作ることも大切です。笑顔で明るく話しかけたり、相手の話に興味を持って聞くことで、自然と会話が進むこともあります。

 

さらに、身近な話題から話を広げるのも効果的です。最近見た映画やテレビ番組、行った場所や食べたもの、身近な出来事など、自分の経験を交えながら話すことで、相手も話しやすくなる場合があります。

 

ただし、相手が話したがらないトピックや、過度にプライベートな話題は避けるようにしましょう。また、相手が話をしている最中に自分の話を押し付けたり、相手の意見を否定するような発言は避け、相手の話に敬意を払うことが大切です。

 

こうした利用者様のニーズや会話のきっかけを引き出すというコミュニケーション技術は覚えておくと様々な場面で使うことが可能です。

もしあなたが話下手で相手と会話が続かないという場合は、こうしたところから考えてみるというのも一つかもしれませんね。

    関連記事

    1. 転職する前に覚えておきたいケアマネジャーに欠かせない能力とは?

    2. 介護福祉士やケアマネジャーが長く働く上で重要なこととは?

    3. ケアマネを辞めたい|転職を安易に決める前に考えてほしいこととは?