ケアマネジャーが地域と連携していく重要性について考えてみた

ケアマネジャーの仕事はこれからさらにニーズが高まる一方、業務内容が過多であることが知られています。

そのためケアマネジャーの業務改善が急務だと現場のケアマネは話していますが、どこまで改善されるのかは未知数でもあります。今後2023年には団塊の世代が65歳以上になるといわれており高齢者の数に比較して介護業界が圧迫されるという話もあります。

その中においてケアマネジャーの社会的役割は今後も増加するといっても過言ではありません。

 

今日は地域住民のニーズの把握に必要なことについて考えてみたいと思います。

 

ケアマネジャーが地域のニーズを把握するために必要なこととは?

ケアマネジャーは、地域の高齢者や利用者のニーズを把握し、そのニーズに合ったサービスの提供を調整する役割を担っています。そのためには、地域のニーズを正確に把握するために、地域の情報を収集することが必要です。具体的には、地域の高齢者の人口動態や健康状況、利用者の支援状況などを調査することが挙げられます。また、地域の施設や団体、病院スタッフなどとコミュニケーションを取り、情報を収集することも重要です。

 

次に、収集した情報を分析し、地域のニーズを把握することが必要です。具体的には介護保険を利用していない高齢者であっても、サービスを提供するために介護保険の申請を促したりすることで、社会資源を活用できるように促すことも役割の一つであるといっても過言ではありません。

 

さらに、地域のニーズに合ったサービスを提供するためには、地域のサービス事業者との調整が必要です。ケアマネジャーは、地域のサービス事業者とのコミュニケーションを取り、サービスの提供内容や利用料金、サービス提供のルールなどを調整することが求められます。

 

また、地域のニーズに合ったサービスを提供するためには、ケアマネジャー自身が専門的な知識を持っていることが必要です。ケアマネジャーは、高齢者や利用者のケアに関する専門的な知識を持ち、それをもとにサービスの提供を調整することが求められます。

こうした知識の補充は様々なところでオンラインでセミナーを受けることが可能ですのでチェックしてみてください。

 

以上のように、地域のニーズの把握とサービス提供の調整には、地域の情報収集や分析、地域のサービス事業者との調整、専門的な知識などが必要です。

もしあなたが今後もケアマネジャーとして活躍していくなら、ぜひ地域との連携を心掛けてみてくださいね。

    関連記事

    1. 介護福祉士やケアマネジャーが長く働く上で重要なこととは?

    2. 20代でケアマネジャーの資格取得を目指しても求人はあるのか?

    3. ケアプランをケアマネジャーの代わりにAIが対応することは本当に可能なのか?