介護福祉士やケアマネジャーが長く働く上で重要なこととは?

一つの職場で長く働けること、それは一番うれしいことだと思います。

特に介護福祉士やケアマネジャーの仕事は多忙を極め、自分の業務以外のことを押し付けられて過負荷になってしまって身体を壊してしまうということも少なくありません。

そのため転職前には自分の希望がきちんと叶う職場なのかどうかをきちんと見極める必要があります。

そのために必要なことはどういったことなのでしょうか?今日は介護福祉士やケアマネジャーが転職するうえで重要なことについて解説してみたいと思います。

 

介護福祉士やケアマネジャーが転職する際に覚えておきたいこととは?

介護福祉士やケアマネジャーが転職する機会は多く、常に求人がされている企業も少なくありません。こうした場合、自分が何を求めているのか、どんな働きかたをしたいのかを明確にしておく必要があります。

 

そのために重要なことは、福利厚生や給与面だけではありません。企業の文化や価値観が自分に合っているかを確認することが大切です。自分の価値観やキャリア目標と一致する企業を選ぶことで、仕事への満足度が高まります。

もしあなたが様々な資格や技術を高めたいと考えていても、企業がそれをサポートできない、例えば研修能力がなかったり、資格取得に向けてのサポートがなかったりしてしまうと、自分の仕事に対する熱量は低下してしまうことは容易に理解できるのではないでしょうか?

 

私自身も就職した先で様々なことを教えていただきました。接遇方法から技術や知識の研修に至るまで様々なことを学べる環境でした。

しかし同僚に話を聞いてみると、そうした研修が全くないという場所も少なくなかったのです。

そもそも仕事の量が多くそれどころじゃないという職場も多かったのです。そのため社内研修をしたくてもできない、時間が取れないという職場があるのも事実です。

確かに自分自身が学びたいと感じていないのであれば時間の無駄だと感じる方もおられるかもしれません。しかしながらこうした社内研修は重要であり、企業全体の技術面の向上は患者様や利用者様に還元できる重要な内容になります。

こうした情報は就職する前に事前にきちんと収集することで転職先でのトラブルを避けることができるのではないでしょうか?

 

是非転職を安易に考えずに、考えて行動してみてくださいね。

 

 

    関連記事

    1. ソーシャルワーカーの知られざる仕事|災害前から取り組み始まっている

    2. 訪問介護分野で起こるクレームを減らすために重要な話術とは?

    3. 介護業界におけるサービス管理責任者のための人材育成戦略