サービス管理責任者の将来性と業界動向

サービス管理責任者としてのキャリアは、今後ますます重要性を増していくと見込まれています。

サービス管理責任者は介護福祉職のなかでも、特に将来性のある職種だと言われています。サービス管理責任者は障害者施設において必ず配置しなければいけない職種であるため、需要が途絶える可能性が限りなく低いでしょう。

今日はその理由について説明します。

 

サービス管理責任者の需要が増加

厚生労働省の統計によれば、サービス管理責任者の平均給与は平成31年から令和2年までの期間で2万円以上増加しています。この増加率は他の障がい者福祉系の職業と比較しても大きく、サービス管理責任者が注目を集めていることを示しています。

この背景には、障がい者支援サービスの需要が拡大していることや、それに伴う人手不足など、さまざまな要因が考えられます。

サービス管理責任者の需要が高まれば、各事業所は給与水準の引き上げや手当の充実など、人材確保のための取り組みを進めるでしょう。その結果、給与水準が今後も上昇していく可能性が高いと見られます。

 

サービス管理責任者の給与の上げ方

他の介護福祉の業種よりも既にサービス管理責任者の給与は高いとされていますが、実は今よりもっとお給料をもらう方法があります。

サービス管理責任者は、事業所の規模や種類によっては、他の職種との兼務が可能なのです。兼務できれば当然給料も上がっていくでしょう。

兼務の一例として、直接処遇職員と呼ばれる以下の職種が挙げられます。
・生活支援員
・生活指導員
・就労支援員
・職業指導員
・地域移行支援員
・ホームヘルパー
・児童指導員
・保育士
・世話人 など

サービス管理責任者は上記の職種で兼業そすることが可能です。また管理者や直接処遇職員との兼務を選択する際には、組織や事業所により異なりますが、これによって以下のメリットが期待できます。

・職務手当の支給
・職務改善手当の支給
・年収アップの可能性

要は今までやってきた仕事にプラスアルファで仕事をすることになるので、様々な手当がつきお給料が結果的に上がるという訳です。

サービス管理責任者の将来性 | まとめ

サービス管理責任者が他の職種を兼務する際には、スケジュール調整と業務効率の確保が不可欠です。適切な計画と調整が行われた場合、兼務によりキャリアの多様性や経済的なメリットを受けることが可能です。

しかし、慎重な計画とバランスが必要であり、兼務による過度な負担を避けるためにも、自身の能力や状況を考慮しながら進めることが重要です。

    関連記事

    1. 介護業界の中心役割|サービス管理責任者の必須知識とスキル

    2. サービス管理責任者のキャリア成功法

    3. サービス管理責任者の役割 | サービス担当者会議 2