サービス管理責任者の資格を取得するために必要な条件を知っていますか?

介護業界におけるサービス管理責任者は、時としてサビ菅と言われることがあり、こうした資格を取得するためには、誰でもなれるというわけではなく、ある一定の資格を取得している状態で、臨床経験を経たうえで必要なスキルや知識の習得が必要になります。こうしたサービス管理責任者の資格を取得するために必要なことについて今日は解説してみたいと思います。

 

サービス管理責任者の資格を取得するために必要なこととは?

今まではサービス管理責任者の資格を取得するためには、今まではある講習会を受講することで得ることができていました。しかし平成30年以降、利用者様のサービスの質の向上を図るためにある資格を有した状態で、一定以上の実務経験を経てからでないと資格を取得できないというルールに代わりました。

具体的には相談支援専門員やソーシャルワーカー、児童相談員や精神障碍者社会復帰指導員といった資格を取得している場合は、実務経験5年以上が必要と言われています。

また、医師、薬剤師、保健師、看護師、理学療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、マッサージ指圧師、管理栄養士といった資格を取得している場合は、相談支援業務および直接支援業務の実務経験3年以上の経験を経てからでないとサービス管理責任者の資格を取得することができないという要件ができました。

 

こうした実務研修の要件を満たした場合に、相談支援従事者初任者研修を受講することで資格を取得することができます。

こうした講習会では相談支援従事者の役割やケアマネジメントの手法、障害者総合支援法・児童福祉法の概要、サービス提供のプロセスなどについて、合計11時間のカリキュラムが組まれています。

 

こうした資格を取得する場合の条件が厳しくなった背景には、後期高齢社会において高齢者が年々増加していることが背景にあり、介護サービスの質を高めるためには、サービス提供者の専門性と能力が重要だと考えられているからです。。資格取得条件を厳格化することで、より高い水準の知識と技術を持つ人材がサービス管理責任者として活躍できるようになります。これにより、利用者に対してより質の高いサービスを提供できるようになるからです。

 

サービス管理責任者の資格を持つ人材は年々求められる率が増えています。もしあなたがこれからのキャリアアップを考えているのであれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

    関連記事

    1. サービス管理責任者 | 上司としての振る舞いとは?

    2. 就労継続支援A型事業所での支援業務詳細

    3. サービス管理責任者の大きな課題 | 多様性とスタッフケアのバランス