サービス管理責任者研修の申し込みについて

サービス管理責任者研修はすべての方が個人個人で自由に申し込みできるわけではありません。

ではどのように申し込みを行うと受講できるか皆さんはご存知でしょうか?そもそも研修についての要項等は、各地域の自治体によって異なります。

個人申し込みについてもそれぞれ違いがあるため、今回はサービス管理責任者研修の申し込みについて解説します。

 

サービス管理責任者等研修はどうやって申し込むのか?

サービス管理責任者研修に申し込むには、自身の勤務地である施設側に推薦書を書いてもらわなければいけません。

推薦書は施設からの推薦という形になるため、働く施設の管理者や施設長などから記入していただく必要があります。

推薦書に関しては以前の記事でも解説しました通り、必要な地域と不要な地域があります。

規定として推薦書の提出が必要である場合には、早めに担当の方に記載いただくようにしましょう。

特に推薦書の提出が定められていない場合には、別の書類提出が必要な場合もあります。こちらも地域によって異なるため、必ず該当地域のホームページの確認や問い合わせは事前に行うようにしましょう。

 

サービス管理責任者等研修は個人申し込みできるのか?

基本的にサービス管理責任者研修は、サービス管理責任者の配置が義務付けられている障害福祉サービス事業所からの申し込みを受け付けています。

前提として個人の申し込みはできませんが、サービス管理責任者研修受講者本人が施設を設立し、施設側から推薦される立場にない場合、自己推薦という形で申し込むことが可能です。

その場合は予定の事業所名の記載など、関連する情報が必要になりますが、この場合であっても許可されない地域もあるためいずれにしても必ず事前に確認が必要になります。

 

サービス管理責任者研修の申し込み | まとめ

サービス管理責任者等研修は、基本的に事業所からの申し込みとなりますが、場合によっては個人申し込みも可能なため、受講する地域の情報を確認しておくことが重要となります。

申し込み方法、申し込みにあたって必要なものなどは、漏れなく確認しましょう。

 

    関連記事

    1. サービス管理責任者にとっての独立とは

    2. 障害者虐待防止のための具体的な取り組みと対応策

    3. サービス管理責任者の各施設でのそれぞれの役割