生活相談員の仕事を辞めたいと思ったらまずこの記事を読んで

生活相談員はさながらなんでも屋のような対応をされる場合もあります。そのため業務量が多忙になり休憩もなかなかできないといった悩みを抱える方も少なくありません。また介護業務と兼務されている方も多く、生活相談員なのに生活相談員の仕事ができないという悩みを抱え心身ともに疲労感にさいなまれている方も多いと聞きます。そうした場合、どのようにすべきなのでしょうか?今の職場を辞めるべきなのでしょうか?

もしこのように考えているなら今日の記事をぜひチェックしてみてほしいと思います。

 

生活相談員の仕事に疲れたらこの記事を読んでほしい理由

 

生活相談員の仕事が自分の業務に見合っていないという悩みを抱えている方は多いはず。そのため自分の仕事量と給与面など様々な影響により生活相談員の仕事を辞めたいなと感じる方も多いように思います。

 

もしそう感じているなら、まずは誰かに相談しましょう。

確かに上肢に相談しても意味がないと感じることもあるかもしれません。しかしながら誰にも相談せず、一人で抱え込むのが一番よくありません。あなたが考えている以上に業務内容を抱えている場合もあります。

日本人は比較的自分自身を抑制して我慢するという性格をしているといわれています。

そのため相談する量が海外と比べて圧倒的に少ないと言われています。

例を挙げるとメンタルクリニックに通う人数は圧倒的に少ないと言われています。メンタルクリニックは日本では精神科というイメージがついており、なかなか足の運びが遠のいている方も少なくありません。

 

実は仕事に対しての悩みを抱えているのは社会人の64%にも存在するといわれています。そのうち53%は「誰にも相談できない」という悩みを抱えているのです。

 

ですが、実はあなたの受け取り方ひとつを変えるだけで心の重りを下すことができるようになるのです。自分一人で抱えるのではなく、自分の悩みを誰かに相談し、その問題の視点を第三者に見てもらうだけでも、自分の感じる苦しさを解決できるようになります。その相談先がメンタルクリニックでもあるのです。

 

もちろんメンタルクリニックを推奨しているわけではなく、第三者、それが同僚であっても上司であっても友達であってもいいと思います。自分自身の悩みを声に出して相談することで、あなたの悩みを少しでも解決できるので、ぜひ生活相談員の仕事に疲れたら、安易な判断を下さず相談してみてくださいね。

    関連記事

    1. 介護職は給与交渉が可能なのか?転職前に考えたい大切なこととは?

    2. 介護職に多いうつ病で特に近年多い症状についてご紹介します

    3. 介護士に転職したい人必見 | 身に着けておくべきメンタルケア技術をご紹介