介護現場で身に着けておきたい「受け流す力」とは?

介護技術は、高齢者や身体的制約のある個人に対する適切なケアを提供するために不可欠です。

その中で、特に重要なのが「受け流す力」です。受け流す力は、ケアの提供者が様々な状況に適応し、効果的かつ人道的なケアを行うためのスキルです。お笑い芸人の安藤なつさんももともと介護福祉士として長年介護施設で働かれていました。その際に学んだ受け流す力の重要性について語られています。今日この記事では、受け流す力の重要性と、その発展に向けた方法について考察します。

 

介護現場で働くあなたに覚えてほしい受け流す力とは?

介護現場で働く上で、利用者様や利用者様家族から心無い一言をかけられることも少なくありません。そんな時にあなたは心底傷つくということもあるでしょう。私自身も医療現場で働いていて、こうした経験を何度も経験してきました。おそらく利用者様と常日頃からかかわっておられる介護士の皆さんはそれの比ではないと思います。

 

こうしたときに身に着けておいてほしいのは「受け流す力」というものです。相手の言葉を受け流していかないと話が進まないことも多々あります。それに介護の現場は利用者様との距離感が近いだけに、すべての言葉を正面から受け止めていると気持ちが持たないことも少なくありません。

 

覚えておいてほしいのは利用者様もわざと不本意な言葉を発しているわけではなく、自分の言葉がコントロールできないという状況にある方もおられるということです。

こうした利用者様の個別性を理解し、受け流すことで相手も自分も傷つかないように対応できるといいですね。

 

また安藤なつさんは、利用者様の相手の話に乗っかるということを実践しておられるようです。例えば「化け物が来た!」と言われた場合、それを真に受けると誰が化け物やと思いがちになるかもしれませんが、その話に乗っかって穏やかな口調で話をすることで利用者様も興奮せずに介護することができたと話されていました。こうした介護技術はちょっとしたことかもしれませんが、とても重要な要素でもあります。利用者様を笑わせたいという気持ちから安藤なつさんはこうした技術を身につけられたのかもしれませんが、我々介護・医療従事者にとってもとても重要な技術だと感じずにはいられませんね。

    関連記事

    1. 介護士が転職前に調べておきたい給与や休日の取り方とは?

    2. 生活相談員にうつ病を発症する方が多い理由とは?

    3. 介護福祉士の資格を持つことで好待遇な職場を選ぶことは可能か