介護士が非常勤から正社員になるために覚えておきたいこととは?

介護職は時間の融通が利くといったメリットがあるため、子育て世代の親にとって働きやすい職種の一つとして知られています。しかしいつまでも非常勤で働くのではなく、正社員に登用してもらって、積極的に働きたいと考える方もおられるのではないでしょうか?

非常勤から正社員への採用はどんな職場においても存在します。

しかしながら正社員への採用にはアルバイトや派遣で働いていた時には感じなかった、責任の重さに圧倒されることがあるかもしれません。

正社員に採用してもらうにあたって心がけておくべきことを今日は書いてみたいと思います。

介護士の正社員と非常勤勤務の違いとは?

非常勤勤務は比較的時間の融通がききやすい働き方が多く、自由な時間を取りやすい勤務形態であったかもしれませんが、正社員に採用してもらうとなると、今後の働き方が変わります。

具体的には正社員は企業や施設に所属している社員であり、一定の条件に基づいて雇用契約を結び、長期的に勤務することが前提となります。そのため今まで時短で働いていた勤務形態とは異なり、比較的時間に縛られた働き方が求められるため、非常勤勤務時代とは異なり少し息苦しさを感じる方も少なくありません。

しかしながらその分待遇も改善され、健康保険、厚生年金、労災保険などの社会保険に加入できることが一般的であり、有給休暇や退職金、昇給や賞与などの待遇面も比較的良好です。

あなたが求める働き方はどちらがいいのかを考えて、正社員への採用に挑んでもらえるといいのではと思います。

非常勤勤務から正社員になるために必要なこととは?

さて、正社員になるためには今まで非常勤勤務であったころと違い、様々な時間の制約や責任感のある行動が求められます。

時間管理はもちろんのこと、チーム内での責任能力の有無やコミュニケーションスキルを駆使した対人関係の構築など、様々なことを要求されることと思います。

また、以前の記事でも書いたと思いますが、仕事は基本的に自分で見つけることができなければ、正社員への採用は難しいといっていいでしょう。

社会において指示待ち人間には仕事が回ってくることは少ないと考えておくべきだと思います。

自分で考えて行動することができなければ成長する機会を失ってしまいますので、ぜひ自分から仕事を見つけながら働けるようにしなければいけませんね。

    関連記事

    1. 保育士のニーズ増加で働く場所が増えています。

    2. 介護士の転職・離職理由|排泄介助が苦手にならないために必要なこと

    3. 生活相談員が利用者様にうまく説明するために覚えておくべき3つのルール