訪問介護への転職はメリットだけではない理由とは?

訪問介護業界は今や人手不足と言っても過言ではありません。それは今までも申し上げてきたように、様々な転職情報サイトで常に求人が募集されているように、どの事業所においても介護士不足は常に問題視されてきています。

そのため時間の融通がきいたり、効率よく働けるなどのメリットを前面に出して訪問介護業界へのあっせんをしているサイトをよく目にしますが、実際のところ訪問介護への転職はメリットだけではありません。今日はその理由について解説してみたいと思います。

 

訪問介護への転職を考えているならキャリアを積んでからチャレンジしよう

まず第一に訪問介護現場で問題になりやすいのは人手不足です。訪問介護現場では利用者様の介護を一人で担当しなければいけない場面が多く、どうしても一人の介護士にかかる負担が増えてしまうというデメリットは避けては通れません。

そのため、心身に問題をきたしてしまうというという事例は後を絶たず、転職を考える一番の理由になっていることもしばしば見受けられます。

 

もしこれから訪問介護現場への転職を考えているのであれば、ぜひある程度の介護技術を学び、自分の身体を守る技術を徹底的に見に付けることをおすすめします。

 

次に訪問介護現場では、ご利用者様やご利用者様のご家族との関係性構築が重要になります。しかしながら、訪問現場は施設と異なり相手のプライベート空間になりますので、どうしてもパワハラやセクハラを受けるなどの問題を受けることも少なくありません。

こうした場合、問題として声をあげられればいいのですが、スタッフによってはそれを隠し通してしまうという事例も少なくないようです。

 

そのためこうした場合における対処法をきちんと理解しておくという鉄の心を持つことも訪問現場で関わるスタッフには必要になるかもしれませんので、覚えておきましょう。

 

訪問介護現場では、求人は常に募集されていることが多く、比較的転職しやすい現場であることは間違いありません。しかしながら、こうした問題を抱える可能性があるということも一つの可能性として覚えておくことをおすすめします。

こうした問題を勤務先はどのように解決に導くのかを面接で確認することも重要かもしれませんね。

 

    関連記事

    1. 転職前に知っておくべきサービス管理責任者の待遇

    2. 腰痛持ちで転職を考えている介護福祉士のあなたへ

    3. 50代でもケアマネジャーへの転職は本当に可能か?