准看護師として転職を考えているならこれをチェックしよう

准看護師として働いていて、転職を考えているのになかなか転職が難しいといった悩みを抱えていませんか?

クリニックや介護施設では看護師とほぼ同じ仕事をしているのに、看護師の求人はあるけど准看護師の求人がなかなかないという問題はよく耳にします。また、どれだけ頑張っても給料が増えない、キャリアアップができないという悩みはつきものです。

ではどうすれば転職しやすくなるのか、給与が上がるのかを考えてみたいと思います。

 

准看護師としてキャリアアップを目指すならこれを試してみよう

 

准看護師としての業務は看護師と異なり、自己判断で看護業務ができないことにあります。そのため医師や歯科医師、看護師の指示のもとに業務を行わなければいけません。

しかしながら病院やクリニックの現場では准看護師と看護師はほとんど同じような仕事をしています。もちろん准看護師にはできないこともありますが、給与が看護師に比べて安いという悩みは常に付きまといます。

 

そのため転職を考えるという方もおられるのではないでしょうか。

転職を考えていろいろな転職先を探してみたけど、なかなか見つからないという悩みを抱えることは少なくありません。

しかしながら自分が希望する転職先が見つかる可能性は少ないといっても過言ではありません。であれば、自分のキャリアアップを目指すことが一番の方法だと私は感じています。

 

准看護師は認定看護師や専門看護師の資格を取得することはできず、管理者業務に就くこともできません。となるといくら現場で経験を積んでも、キャリアアップを目指すことができませんので、まずは看護師の取得を目指すことから始めてみてはいかがでしょうか?

 

現在、准看護師が正看護師になるためには養成校で看護師要請2年家庭を修了し国家試験に合格する必要があります。最近であれば通信制や定時制など、仕事をしながら学校に通うという方法も選択することができます。

ですのであなたが今の生活をしながら看護師を目指すという方法も可能なのです。

近年看護師のニーズは高まっており、現場では看護師不足が深刻化しているため、看護師を取得することで今後の転職活動はさらに幅が広がります。今後のキャリアアップを目指すのであれば、ぜひこうしたキャリアップを目指してみてはいかがでしょうか?

    関連記事

    1. 介護職の転職は簡単?

    2. 20代で介護職に転職は有利?不利?職場選びのポイントを解説

    3. 転職回数の多い介護士のための印象を良くする履歴書の書き方について