作業療法士の一般企業への転職事情を調べてみた

作業療法士の転職事情についてあなたは求めていますか?

あなたが新しい現場での活躍を求めているのであれば、転職は魅力的な選択肢です。近年作業療法士も病院で働くスタッフが飽和状態にあるという現状もあります。そのため病院や施設ではなく、一般企業で働くセラピストも増えているのも事実です。今回の記事では、作業聴覚士が転職を考える際のポイントや、新しい職場での可能性について探っていきます。

 

作業療法士として一般企業で働く場合の働き方とは?

作業療法士は病院やリハビリテーションセンターで、患者のリハビリ計画の作成や実施を担います。既存の経験を活かし、より専門的な医療分野でのキャリアを築くことができます。

また特別支援学校や大学での教員として、次世代の作業聴覚士を育成する役割を果たすことも可能です。教育と研究の分野でキャリアを広げるチャンスがあります。

しかし近年作業療法士の数も増加しており、こうした職場での作業療法士はある職場においては飽和状態にあるのも事実です。

そのため作業療法士も一般企業で就職するという方法も考えられます。

 

例えば健康・ウェルネスプログラムの企画・運営という職場があります。企業の人事や福利厚生部門で、従業員の健康促進やストレスマネジメントのためのプログラムを企画・実施します。作業療法士の専門性を活かし、職場の健康管理や労働環境の改善に貢献できます。

 

次に製品開発やアクセシビリティコンサルタントという職場もあります。特に障害者や高齢者向けの製品やサービスを提供する企業で、製品の開発や改善に関わることができます。ユーザーの視点からアクセシビリティや使いやすさを考慮した製品設計に貢献します。

 

そして最後にトレーニングおよび教育プログラムの提供という方法もあります。従業員向けの健康教育プログラムや安全トレーニングを提供することもできます。近年健康増進を企業側が進めているという会社もあり、企業ごとに予防医学を進めている会社もあります。作業療法士としての知識を用いて、効果的なトレーニング方法を開発します。

 

これらは作業療法士が一般企業で活躍できる例ですが、作業療法士のスキルと知識は多様な分野で応用可能です。企業が求める健康管理や労働環境改善などのニーズに応じて、新しいキャリアの道が開けるのでぜひ色々調べてみてくださいね。

    関連記事

    1. 作業療法士が児童発達支援管理責任者の資格を取得することでできる転職先とは?

    2. 作業療法士が転職を考えるなら嚥下機能の評価を勉強しておこう