生活相談員に重要な多職種連携を進めるための方法とは?

生活相談員は利用者様とのコミュニケーションを図る機会が多く、様々な悩みや相談事を持ちかけられることが多いと思います。

その場合、あなた一人で解決できることは少ないと言っても過言ではないと思います。ではどうするか?その場合は利用者様の悩みをチームに共有し様々な情報を聴取し統合して利用者様へ還元することが求められています。この他職種への情報共有をすることが多職種連携に繋がるのです。今日はこうした内容について解説してみたいと思います。

 

生活相談員の重要な役割の多職種連携を進める方法とは?

多職種連携と一概に言われてもなかなかピンとこないという方もおられるのではないでしょうか?

利用者様の悩みを他業種に話せば解決するのか?というとそういうわけではなく、利用者様の悩みを以下に解決に導くか、その悩みを解決するという責任感を持って対応することが生活相談員には求められています。

とはいえ、例えば身体が痛いという悩みに対してあなたが利用者様の悩みを解決することはできませんよね。ですが、医師や看護師、理学療法士などの医療従事者にとりつなぎ、こうした悩みを伝えて対応してもらうように相談することで、利用者様自身の悩みをあなたが解決に導くことに繋がるのです。

 

他にも生活の中で通院が大変だという場合に介護タクシーの利用を促したり、入所の検討や手配をしたりなどの社会サービスの提示や調整をすることで、利用者様の少しでも悩みが軽くなり、楽に生活できる方法を提示することも多職種連携に繋がります。

 

こうした役割を担う生活相談員の仕事はとても重要な役割であると言えますが、年々増加する高齢者の数に対して、生活相談員に従事するスタッフの人手不足が問題視されているのも現状です。

 

生活相談員は多職種と様々な情報交換を行い、利用者様や他の介護・医療従事者とコミュニケーションを図る必要がある職種です。そのため人と接する、人と話をすることに喜びを見出すことのできる方にはオススメの職業であると言えると思います。

もしあなたがこれから生活相談員の職業に興味を持っているのであれば、ぜひこうした多職種連携の件についても積極的に取り組んでみてくださいね。これを読んでくださっているあなたにはオススメの職業だと私は思いますよ。

    関連記事

    1. 認知症患者様とのコミュニケーションスキルを解説します

    2. 介護福祉士の資格を持つことで好待遇な職場を選ぶことは可能か

    3. 介護士の転職・離職理由|排泄介助が苦手にならないために必要なこと