介護士の転職活動で覚えておくべき退職届を提出するタイミングとは?

介護士の転職時期はいつがいいのか?

どのタイミングで退職を申請すればいいのか?

求人はどの時期に多く出てくるのか?

このような内容で悩んでいませんか?

転職をしたいと考えているけど、いつから転職活動を始めればいいのかわからないという悩みは転職希望者に比較的多い印象を受けます。

実際、求人がなければ転職はできません。だからこそ求人が多く出てくる時期を見越して転職活動をしたいと考えるあなたに、今日は転職活動におすすめの時期や退職届を出すタイミングについてご紹介します。

介護士の転職活動にベストな時期とは?

さて、業界全体として介護士の人員不足は常に問題視されています。そのため常に求人は出ていますので、例えば今から転職を始めることも可能です。

しかしながら、できれば多くの求人の中から、自分のライフスタイルに合った仕事先を選びたいですよね?

そこで求人数が多く出される時期としては、やはり2~4月が多いと言われています。

この時期は新卒採用に力を入れている企業も多いことや、ボーナス支給後の退職者が増える傾向にあるためのようです。

つまり、転職を考えているのであれば年が明けたあたりから活動を開始するのがよさそうですね。

では次に転職活動をするうえで、覚えておくべき必要な流れを考えてみましょう。

転職する際に必要な退職届は2か月前には提出しよう

さて、転職活動に必要な退職届を提出する時期についてですが、よく「労働基準法では退職届は2週間前までに提出すればいい」という理由から急に提出する方もおられます。

しかしながら、業務の引継ぎや新職採用などの観点からみても、少なくとも2か月前までには退職の意思を上司に伝え、提出するのがマナーではないでしょうか。

退職届を出すためには、上司に相談して退職日を決定して、そして退職届が出せるのです。

立つ鳥跡を濁さずの精神で、極力職場に迷惑のかからない方法を選びましょうね。

では退職届を提出するまでの流れをおさらいしたいと思います。

退職届を提出するまでの流れは以下の通りです。

・上司に退職の意思を伝える

・退職日を上司と相談して、初めて退職届を提出

・退職届を提出後、転職活動を再開

転職をするにもルールがあります。間違っても転職活動を先に始めたりしないようにしましょうね。

    関連記事

    1. 介護職に向いている人の特徴とは

    2. サービス管理責任者の目指すべき施設長とは

    3. 介護職員のデイサービスにおける仕事内容とは